英会話

【英語初心者向け】毎日、英語日記を3行書くだけで未来は変わる

【英語初心者向け】毎日、英語日記を3行書くだけで未来は変わる
英語で日記を書く事を先生にオススメされましたがやった方がいいですか?

 

この質問にお答えします。

 

私は英語初心者程、英語で日記を書いた方がいいと思います

 

理由は下記の通り

 

英語日記がオススメな訳

・単純な文を英語に変換する練習ができるから

 

・自分の出来事や気持ちを英語で伝える練習ができるから

 

・英作文をする事で、英語の構文になれるから

 

何行も書く事を求めているわけではなく、3行の日記でいいのです。

 

例えば、こんな感じの単純な日記を英語にしましょう。

 

ずっと探していたCDがやっと見つかった!迷わず、即購入!本当に嬉しかった

 

この単純な日記を英語にすると

 

I was looking for a CD for a long time.and I finally found it.

so,I bought it right away! I was happy.

 

こんなシンプルな文を積み重ねていきましょう。

 

もっと他に良い表現方法はあると思いますが、それは徐々に覚えて行けばいいのです。

 

間違ってもいいから、3行の英語を書く習慣を身につける事が大事です。

 

ここからは、英語で日記を書くメリットをみていきましょう。

文章を英語で書く習慣が身につく

文章を英語で書く習慣が身につく

 

 

1日の出来事や気持ちを日本語で3行で書きなさいと言われれば、多くの人は5分以内に何かしらの文章を書く事はできますよね。

 

その文章を英語で書く。

 

また1年365日ある中で1日たりとも同じ日はありません。

 

だから、どういった日記が出来るかも自分には予想できません。

 

つまり、毎回違う英語の日記を書く事が出来るという事

 

毎度違う文を英語で書く事によって、語彙力や文法の能力も向上が見込めます。

辞書は必須

 

英語の日記を書く場合は必ず辞書は必須です。

 

和英辞典や英和辞典のどちらがオススメとういう分け方ではなく、例文が多く載っている辞書を選んだ方がいいでしょう!

 

特に自分の生活スタイルに合った例文が多い方がオススメです。

 

なぜなら、その例文もそのまま引用したり1部の単語を変えるだけで英語の文章を作成する事が出来るからです。

類義語の使い分けがあるとなおさら良い

 

類義語の使い分けが詳しく載っている辞書は更にオススメです。

 

例えば、和英辞典で借りると引いた場合。

 

そこには、borrow,rent,useなど様々な英単語があると思いますが、どれを使えば良いのか迷います。

 

そこで下記のような類義語の説明があれば親切ですよね。

 

・borrow…友人などから無料で借りる

・rent…店などから有料で借りる

 

類義語が分かれば、自分のニュアンスと近い英単語を使う事が出来るようになります。

英語で自分の意見を伝えられる

英語で自分の意見を伝えられる

 

英語で日記を書けるようになると、自分の意見を伝える力が身につきます。

 

人生には嬉しい事や悲しい事、怒った事など様々な出来事がありますよね。

 

その出来事を英語で日記にする。

 

感情を伴う出来事を英語で書く事で、様々な表現方法を習得する事が出来るでしょう。

 

例えばこんな感じ。

 

・I was unbelievable(驚いた)

 

・I really regret it (後悔している)

 

・I was so embarrassed(恥ずかしかった)

 

・I’m so mad(頭にきた)

 

上記は1部の例ですが、こういった出来事は人生でよくありますよね。

 

こういった表現を用いて3行の英語日記を書いていきましょう。

これを継続すると、、、

 

このような喜怒哀楽や起きた出来事を日々、英語で日記にする習慣を身につけると下記のようなメリットがあります。

 

・言いたい事を言葉で表現できる

 

・日本語での細かいニュアンスも英語で伝えられるようになる

 

・気持ちを伝えられるようになる

 

いきなり、英語であなたはどう思う?とか意見を聞かれたら答えるのって難しいですよね。

 

しかし、この英語日記を継続していれば、そういった場合も対処できます。

 

なぜなら、常に自分の気持ちを英語で日記にしているから

 

日記は自分の主張の塊のようなものです。

 

だからこそ、英語で日記を書くのに慣れていれば、自分の意見を伝えたい時にスッと表現する事ができるのです。

英語の文章の構造に慣れる

英語の文章の構造に慣れる

 

英語の日記を始めたばっかりの頃は、3行の英語を書くだけでも大変だと思います。

 

なぜなら、英語の文章の構造に慣れていないから。

 

1.SV 主語+目的語

 

2.SVC 主語+目的語+補語

 

3,SVO 主語+動詞+目的語

 

4.SVOO 主語+動詞+目的語+目的語

 

5.SVOC 主語+動詞+目的語+補語

 

中学の時を思い出して、なんか堅苦しいですよね。

 

ですので僕はまず公式などを覚えるより多くの英文を書いた方が、最終的にこの5文型も頭に入ると考えています。

 

でもいきなり、多くの英文なんて書けないよと思う人の気持ちもわかります。

 

ならば、例文を真似て書き写すってのはどうでしょうか

 

オススメなサイトは2つあります。

Voice Tube

 

例文を学ぶのにオススメなサイト1つ目がVoice tubeです。

 

こちらは日本語付き英語字幕の動画がとても多いです。

 

外国人Youtuberの動画が字幕付きで訳されています。

 

その為、ネイティブが使うような表現が多く学ぶ事が可能です。

 

その表現を真似て、自分の英語日記に活かしてみましょう。

 

Voice Tubeに関しては下記の記事でも詳しく書いています。

 

【必見】Voice Tubeは英語初心者の味方です
【必見】Voice Tubeは英語初心者の味方です こういった悩みにお答えします。 結論からいうと、「VoiceTube」だけで英語初心者〜上級者まで学べます...

英次郎on the web.

 

この英次郎on the webは例文検索サイトです。

 

実際に私が英語日記を書く時にとても重宝しているサイトです。

 

例えば、何か嬉しい事があった時けどどう表現していいかわからない、、、

 

と悩んだ時は、このサイトの検索窓に「happy」といれてみましょう。

 

するとhappyを使った構文が多く出てきます。

 

その数ある例文の中から、自分が最も表現したい例文を引用しましょう。

 

それを積み重ねる事で、その例文が自分の知識となります!

知らない単語も検索窓にいれちゃおう

 

私は前述した通り、Voice Tubeでネイティブの表現を学んでいる時に「how on earth」という表現を学びました!

 

全くわからなかったので、その「how on earth」は抜粋し、このサイトの検索窓に入力。

 

すると「How on earth…一体どうやったら」と検索結果が出てきました。

 

How on earth can you do such a thing.

 

一体どうやったらこんな事ができるのか

 

知らない熟語も例文で教えてくれるので、様々な表現方法を習得する事ができます。

 

上記の理由から、まずは英文を書くの恐れずいっぱい書く。

 

そして表現できない、わからない所はどんどん例文を引用し真似しちゃいましょう。

【まとめ】英語日記の積み重ねで未来は変わる

【まとめ】英語日記の積み重ねで未来は変わる

 

英語で日記を書くメリットや取り組み方を解説させて頂きました。

 

毎日3行の英文でもそれを1年間と考えると1,095行の英文を書く事になります

 

1,095行も書ければ、英語の日記を始める以前よりも確実に力がついているはずです。

 

そして今回、この記事を書くにあたって参考にした本はこちらです。

 

 

とてもわかりやすく、英語の日記を始めるきっかけにもなった良書ですので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

最後に英語で日記を書くメリットをおさらいします。

 

英語日記がオススメな訳

・単純な文を英語に変換する練習ができるから

 

・自分の出来事や気持ちを英語で伝える練習ができるから

 

・英作文をする事で、英語の構文になれるから

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

英語の音節を理解すればリスニングは怖くなくなる!
英語の音節を理解すればリスニングは怖くない!英語のリスニングが苦手で伸ばしたいと思っていませんか?本記事では英語のリスニングを伸ばすにはまず英語の音節を理解する事をオススメしています。もし英語の音節を今まで意識せずに英語学習をしていた方はぜひご覧下さい...

 

英語の返り読みはやめましょう!上達の鍵はネイティブ思考だ
英語の返り読みはやめましょう!上達の鍵はネイティブ思考だ英語の上達に悩んでいませんか。もしその悩みを解決したいのであれば「英文の返り読み」をやめる事をおすすめします。日本の英語学習は「英文の返り読み」中心の教育を行ってきましたが、それでは英語を話せるようになりません。英語をスキルアップしたい人に向けて書いた記事となっております。...