初心者ブログ向け

ブログを毎日書く事を辞めたきっかけ「初級者ブロガーに向けて」

ブログを毎日書く事を辞めたきっかけ「初級者ブロガーに向けて」

こんにちは。

私は昨夜、このTweetをしました。

この記事で伝えたい事は3点です。

・無理して毎日更新しなくて良い理由

・インプットとアウトプットのバランスの重要性

・ブログを続けた人に価値がある

私は特に深く理由もなく、
毎日更新の為に記事を書いていました。

ふと、記事を書いている時に上記3点が
頭の中に浮かびました。

俺はなぜ毎日更新に拘っているのだろう

自分の中から無理にりアウトプットしていないか

この記事に有益性はあるのか

しばらく考えたのちに、書いていた記事を全て消しました。
読者の為になるような記事とは到底思えなかったからです。

私は”毎日更新の呪縛にかかる”初心者ブロガーは多いと思います。
その人達に向けて、私の気づきと考えを書きます。

無理して毎日更新しなくて良い理由

解放

あなたが毎日更新にこだわる理由は何ですか。

・毎日更新した方がGoogleの評価が上がる

・有名ブロガーさんがオススメしていたから

・ブログ執筆の習慣が身につくから

確かに、以上の3点はどれも正しいです。

しかし、ここでまた質問です。

Q.ブログって誰の為のものですか?

様々な意見はあると思いますが、
私は「ブログは読者のもの」と考えておます。

記事を読んでくれる人がいるから、
そのブログに価値がうまれるのです。

もし仮に「100記事投稿して、平均300pv/月のブログ」と

「5記事だけれども、平均3000pv/月」のブログがあったとします。

どちらのブログの方が価値があると思いますか?

私は後者の5記事のブログの方が価値があると思います。

なぜなら、総PV数が価値という見えないものを表しているからです。

ブログの良し悪しは記事数ではない

ブログの価値は記事数の多さと比例しません。

1に内容、10に内容、100に内容。全部内容が命です。

私が途中で消した記事はとても有益な記事とは思えなかった。
だから、毎日更新の流れをとめても消したのです。

特に初心者ブロガーさんにおいては、

毎日更新するよりも、
1つ1つの記事を丁寧に執筆する方が、
ブログを書く力もついてくると思います。

野球の素振りで考えてみよう。
毎日ただ100回の素振りを
こなしているだけの人と
週3回目的を持って30回
素振りしている人では
全く成長スピードが異なり、
上達具合が違います。
目的を持って、正しい練習をする。
回数をこなすだけでは意味はないのです。

つまり、漫然とブログを更新するのは、
ひたすら投稿を積み重ねているだけの
自己満足であり、読者ファーストではないと思います。

今1度、ブログは誰の為のものか。
その読者を満足させる記事を書けているのか。

それを満たす事ができなければ、
無意味な毎日投稿は控えた方が良いでしょう。

インプットとアウトプットのバランスの重要性

バランス

初級者ブロガーが毎日更新を続けていると
必ずといってほどこの壁にぶち当たると言われています。

それは「ネタ切れ

毎日更新していると、インプットの時間が限られてきます。

インプットの数<アウトプットの式になり、
記事を書くネタが切れてしまいます

貯金をひたすら切り崩している生活をしているようなものです。
収入源(インプットの量)がなければ、家計は破綻(ネタ切れ)します。
そのバランスをとる事がブログ継続において大事な事です。

インプットする時間が取れないと思いの方は、しっかり勉強や読書を
しなければいけないと固定観念に固められている可能性があります。

インプットはSNS、Youtube,友人の話、仲間のブログなど多岐に渡って
情報収拾する事ができます。

インプットした情報は、メモに残しておくと良いでしょう。
その情報は1つの点になります。
またその情報はすぐには役に立つとは限りません。しかし、継続したインプットした情報は、無数の点になりいずれ、どこかで点が結びつき1つの線になるでしょう。

その1つの線がネタとなり、記事になるのです。

読者は体験談を求めている

先日、とても参考になるTweetがありました。
それをコメ付リツイートさせて頂いたのがこちらです。

このツイートのように、読者が知りたいのは
何も本やセミナーから知り得た情報
ばかりではありません。

読書が知りたいのは、「体験」です。

体験すると、様々な事に気づけます。

・楽しい事や辛い事
・簡単な事や難しい事
・経験者だからわかる注意点

体験を通した記事の方が、
文章にも説得力があり、
読者に伝わりやすいです。

まさに今、私は「体験」の記事を書いています。

”毎日更新をしなかった事で気づけた事”

ブログが辛くなる前に読んで欲しいと思った事

毎日更新神話に振り回されすぎない事

私はブログを毎日更新しなかったから、
上記の事に気づけました。

つまり、インプットとアウトプットの量のバランスに気をつけながら
自分の体験談を織り交ぜていく事がブログ継続の鍵となります。

ブログを続けた人に価値がある

継続

ブログを毎日更新しないからといって、
大きな支障ってありますか。

仮に以下の事を考えてみましょう

・毎日更新する事でブログの信頼性をあげる
・毎日更新で習慣化をはかる
・毎日更新でファンを獲得する

確かに上記の内容は正しいです。

しかし、私はこの記事を
初級者ブロガーに
向けて書いています。

初級者ブロガーが上記の事を意識して、
行動するのは少し荷が思いと思います。

全ての物事には順序があります。

その順序を無視して、先のレベルの内容に
チャレンジしたところで、息が続かないのは
目に見えている事です。

私もブログ開設2週間で、毎日更新をしていましたが予測通り息が上がり、
低品質な記事を投稿する所でした。

初級者ブロガーは上記の3項目ではなく、
このような3項目を目指しましょう。

・自分のペースで記事を書き、継続的に投稿する
・他人の投稿頻度や内容と自分の記事を比較しない
・自分ファーストな記事ではなく、読者の為を意識する

これらを意識するだけで精神的にも楽になりました。

ブログを”毎日書く”なんてルールに縛られないで下さい。
ブログにルールなんてありません。
もっと自由でいていいんです。

継続とは

継続ってどこまでの事をさしていると思いますか。

継続といっていい範囲は人それぞれだと思いますが、私は「どんなに投稿の期間が空いても、記事の執筆を辞めず投稿を続けていれば、それは継続だ」と考えています。

仮に1ヶ月に1本のペースでブログを書く人でも、その行為は継続です
1年更新できなかったけど、新しい記事を書く。それも継続。
1番ダメなのはブログを辞めてしまう事。自ら継続のハードルをあげすぎてはいけません。

つまり、ブログは期間は関係なく続けた人が勝ちなのです。
人間、様々な事情がありブログと向き合えない時もあるでしょう。
そういう時はブログを休みましょう。
しかし、ブログ自体を辞めてはだめです。
折角、積み上げてきた資産(記事)が無くなってしまいます。

まとめ

まとめ

今回、ブログを毎日書く事を辞めたきっかけを書きました。

最初に自分に課したルールに縛られている方も多いです。

そんな時は、いま一度立ち止まって考えて下さい。

・無理して毎日更新しなくて良い理由

・インプットとアウトプットのバランスの重要性

・ブログを続けた人に価値がある

この記事でブログを毎日書く事に追われていた初級者ブロガーさんの気持ちを
少しでも楽にする事が出来たのであれば幸いです。

次回の記事でもよろしくお願い致します。